生活に便利なサービスの知識を付けて利用する

費用を考える

電話の誕生と進化の変遷

電話は19世紀後半に誕生したのです。その後改良がくわえられ現在にいたっています。しかしその基本原理は今もかわっていないのです。また電話は交換機の進化とともに発展してきたといえます。交換機は機械式から電子式に進化してきたのです。昔は家庭への電話の接続は電線接続による固定電話だけであったといえます。電子情報伝送量の増大とともに電子情報は光ケーブルが利用されてきていたのです。そしてインターネットの時代が到来したのです。固定電話の電線を利用したADSLを利用したインターネットが家庭に普及し、あわせてIP電話が普及してきたのです。さらに家庭へも光ケーブル接続されるようになり、光ケーブルを利用したIP電話が普及し始めてきています。ひかり電話の誕生です。

ひかり電話の誕生と動向

このインターネットを利用したIP電話の特長は安価ということです。通話距離に関係なく定額あるいは無料というサービスも誕生してきています。インターネットの大容量情報伝送を可能とした光ケーブルはインターネット接続の主流になりつつあるのです。あわせてひかり電話も電話の主流になりつつあるのです。しかしひかり電話は一部の電話番号などが利用できないなど固定電話と完全互換には至っていない部分があるのです。また非常時などにはIP電話は利用できないなどの部分もあきらかになってきています。そのためIP電話と固定電話の併用という利用パターンも多いのが現実となっています。しかしインターネット接続の主流は今後も光ケーブルであるという流れは変わらないといえます。そしてこの流れに沿ってひかり電話の課題は解決される方法にあるといえます。

Copyright (c) 2015 生活に便利なサービスの知識を付けて利用する all reserved.